第90回日本ハンセン病学会総会・学術大会

学会日程

理事会:6月8日(木) 15:00~17:00  国立療養所菊池恵楓園  事務本館2F大会議室

 

委員会:6月8日(木) 17:00~18:00  国立療養所菊池恵楓園  事務本館2F大会議室

 

学術大会:6月9日(金) 8:50~18:00  国立療養所菊池恵楓園  恵楓会館
6月10日(金) 9:00~12:00

 

総会:6月9日(金) 10:50~11:30  国立療養所菊池恵楓園  恵楓会館

 

平成28年度日本ハンセン病学会授賞式:6月9日(金) 11:30~11:40

 

学会賞受賞記念講演:6月9日(金) 11:40~12:00

宮本友司(国立感染症研究所ハンセン病研究センター)

「Profiling of Intracellular Metabolites: An Approach to Understanding the Characteristic Physiology of Mycobacterium leprae」

 

特別講演1:6月9日(金) 15:00~16:00

猪飼隆明(大阪大学名誉教授)

「日本におけるハンセン病政策の成立と病者たち」

 

特別講演2:6月10日(土) 9:00~10:00

Marivic F. Balagon(Executive Director, Leonard Wood Memorial, Cebu Skin Clinic)

「Updates in Field and Clinical Leprosy」

 

教育講演:6月9日(金) 9:50~10:50

金澤伸雄(和歌山県立医科大学皮膚科准教授)

「免疫不全症、自己炎症疾患とハンセン病」

 

ランチョンセミナー:6月9日(金) 12:10~13:10

上村哲司(佐賀大学医学部形成外科 診療科長兼診療教授)

「高齢化社会の足病変 -足のキズを治療し予防するにはどうすればよいのか!!-」

 

シンポジウム:6月9日(金) 16:00~18:00

テーマ:ハンセン病アーカイブズ構築のこれから ~過去そして今を、未来に~

コーディネータ:森修一(国立感染症研究所ハンセン病研究センター第7室長)

シンポジスト:鈴木晃仁(慶応大学義塾大学経済学部教授)

廣川和花(専修大学文学部准教授)

高野弘之(埼玉県立文書館学芸員)

原田寿真(国立療養所菊池恵楓園社会交流会館学芸員)

 

意見交換会:6月9日(金) 19:00~21:00  熊本ホテルキャッスル

(〒860-8565 熊本市中央区城東町4-2 電話:096-326-3311)

 

国立療養所菊池恵楓園・社会交流会館見学:会期中、園内の案内が必要な場合は受付にてお申し出ください。

 

*社会交流会館は、休館日(水・日曜祝日、年末年始)を除く10:00~16:00入館できます。入館無料。

平成28年度熊本大学学芸員養成課程特別企画展「遮られた まなざし―恵楓園収蔵・特別法廷資料を読む」開催中(~2017年8月末)