第90回日本ハンセン病学会総会・学術大会

発表者の皆様へのご案内

一般演題の発表方法は、次のとおりです。

1.すべてPCを用いた発表となります。

2.発表の際、発表者はスライドの2枚目(タイトルの次の頁)で利益相反に関する報告をお願いします(必須)。発表内容と関係のある企業等との利益相反がある事項のみ表示してください。該当する開示事項がまったくない場合は「該当なし」と表示してください(次ページに様式を例示します)。
*日本ハンセン病学会 医学研究の利益相反に関する指針及び細則参照

3.発表用のファイルはUSBやCD-R等の媒体に記録して持参してください。ファイル及びUSBやCD-R等の媒体は、必ず最新の抗ウイルスソフトを使って、ウイルスフリーであることを確認してください。

4.PCの動作環境は、Windows7、PPT2013となりますので、ファイルは対応する形にしてください。

5.御自身のPC(Laptop)での発表も可能です。PC受付でご申告ください。ACアダプターを持参してください。

6.音声及び動画データを含む場合は御自身のPCでの発表をお願いします。

7.原則としてセッション開始の30分前までに、PC受付でPC登録またはファイル登録をお願いします。

8.スライドの送りは発表者御自身により、リモコン付きレーザーポインター操作をお願いします。

9.万一のためバックアップファイルをUSBやCD-R等の媒体に記録し持参してください。必ず最新の抗ウイルスソフトを使って、ウイルスフリーであることを確認してください。

10.ご発表の前演者が口演を開始しましたら、次演者席についてください。

11.学会事務局では、PC運用に関する全てのトラブルについて一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

12.ポインターは事務局で準備します。

13.発表時間は、一演者につき口演7分、質疑応答3分です。厳守してください。発表時間終了の1分前と終了時にランプでお知らせします。

 

利益相反に関するご案内

スライド参考例

発表内容と関係のある企業等との利益相反がある事項のみ表示してください。

スライド参考例 スライド参考例